演奏会のお知らせ パウル・ヴィトゲンシュタインの世界Ⅳ

注目

9/18(日)、大阪・豊中教会でリサイタルを行います。100年前の左手のピアニスト、Poul Wittgenstein をテーマにしたシリーズです。個人的には今回新しくバッハとグリーグの小品をレパートリーに加えました、クセの強い彼の編曲作品へのチャレンジです。後半の室内楽は青野原プロジェクトでアンサンブルを組んでいるメンバーと演奏します。

【開催日時】
2022年9月18日(日)14:00開演(13:30開場)

【会場】
日本基督教団豊中教会
大阪府豊中市末広町1-2-28
阪急電鉄宝塚線「豊中」駅下車。南改札口前のエスカレーターを降り、UFJ銀行前の③番出口から、横断歩道を渡って阪急高架沿いを南へ徒歩1分です。

【チケット】
入場料:  一般:3,000円 ペア券:5,000円

チケット購入ページはこちら

【プログラム】
J.S.バッハ(ヴィトゲンシュタイン編)/ シャコンヌ
E.グリーグ(ヴィトゲンシュタイン編)/ エレジー op.47-7
E.W.コルンゴルト/ 2つのヴァイオリン、チェロと左手のピアノのための組曲Op.23、他

【出演】
有馬圭亮(左手のピアノ)、横山亜美(ヴァイオリン)、後藤維花(ヴァイオリン)、田村賢一(チェロ)

主催:  株式会社セレーノ・ミュージックエンタープライズ
運営: 有馬音楽研究所
助成:  文化庁AFF2 (予定)


長島義明の芦屋川〜写真展とピアノコンサート〜

10月31日(土)芦屋市Salon Classicにて写真家、長島義明さんとのコラボ企画です。

長島さん撮影の“芦屋川”をテーマした写真に、有馬が作曲した音曲「芦屋川」を聴きながら。芦屋にながれる川、野鳥と人の交わりを見る。日常環境からファンタジーを創出し、日常の美しさを思い起こしていただく。そんな会になればと思っております。
新型コロナ対策のため、当日の入場は20名限定になります。来場をご希望の方はartinsound.kc@gmail.comまでメールください。ツイキャスでライブ配信を行います、来場できなかった方、遠方にお住まいの方も是非ご覧ください。

◆日時:10月31日(土)
13:00〜開場
長島さん撮影の写真が展示されますので、ゆっくりとお楽しみください。

14:00〜
写真家長島義明の講演&左手のピアノコンサート

◆コンサートの演目:組曲「芦屋川」(初演)、他

◆会場:Salon Classic芦屋(兵庫県芦屋市東芦屋町3-9)

◆入場料:4,000円 (ライブ配信閲覧は1,000円)

◆来場申し込み、ご予約:artinsound.kc@gmail.com までメールをください。

◆ライブ配信お申し込み:ツイキャス配信サイトからお申し込み。

◆主催:有馬音楽研究所 

◆協力:NPO KOBE CHATS、セレーノミュージックオフィス


月間ショパン 「アゲろ、左手力」

9月号の月間ショパンに「アゲろ、左手力」という左手のピアノに関する特集が組まれています。

私は片手の音楽の普及活動を始めるに至った経緯と、今現在の活動と思いを書かせていただきました。
 

師匠の智内さんや、昨年の左手のピアノ国際コンクールで1位受章をされた高岡準さん、左手のピアニストの舘野泉さんほか、諸先生方が書かれた記事も掲載されています。

 
是非お読みいただけたら嬉しいです。

 

BS1スペシャル「私は左手のピアニスト~希望の響き 世界初のコンクール~」

昨年11月に行った「第1回ウィトゲンシュタイン記念 左手のピアノ国際コンクール」が1/6(日)22:00~23:50 NHK BSスペシャルで放送されます。

一緒に運営を行った箕面市の諸団体をはじめ、ほか多くの団体、個人の方にサポートしていただきながら作り上げたイベントです。
私個人としても左手のピアニストとして活動した20代の集大成を表現できた催しになったと思います。

この日審査員席でたくさんの名演を聴き、目頭が熱くなりました。左手の音楽の広がり、そして未来を感じていただけると思います。

ぜひご覧ください。

1月6日(日) 午後10時00分
BS1スペシャル「私は左手のピアニスト~希望の響き 世界初のコンクール~」