ワンハンドピアノフェスタin Osaka

無事修了しました。

参加者の熱のこもった演奏に感動しました。
左手の名曲にチャレンジする人、病気を乗り越えて音楽を続ける人、

様々な思いで音楽を奏で、その喜びを共有できた時間に思います。

当日の様子が産経新聞とたっきー816箕面エフエムに掲載されました。

20160619_産経新聞記事


関西の会これから広がっていくと嬉しいです。

ワンハンド・ピアノフェスタin Osaka 準備

 18日(土)の大阪箕面のフェスタまで準備が大詰めです。

 今回は15名が片手のピアノ演奏を披露します。左手の演奏、右手の演奏、自作の演奏、鍵盤ハーモニカとの演奏。古典から現代曲まで色鮮やかな発表会になる予感。

 ワークショップは左手のバッハのに関するものと、「ケンフィル」による鍵盤ハーモニカ合奏。鍵盤ハーモニカは初の舞台!ワクワクします。

 最後はプロの左手のピアニストによる演奏もあり、きっと面白い会になります。是非ご来場ください。

 Osaka

7/23(土)大阪天満教会 2人の左手のピアニストによるスペシャルコンサート

 7月23日(土)大阪・天満教会でのコンサートを行います。

 今回は広島県出身の左手のピアニスト瀬川泰代さんとのジョイントコンサートを企画しました。
 瀬川さんはオーストリアの音大に初めて左手のピアノ作品のみで合格し、現在在学3年目。ヨーロッパの様々なコンクールで入賞して、コンサート活動も積極的に行なっています。詳しくはプロフィールをご覧ください。

 一時帰国の際、広島での演奏会がメインでしたが、関西の皆様に紹介したく今回の話をしたところ、快く承諾してくれました。
 是非この機会にたっぷりと左手の演奏を聴いていただければと思います。
是非会場へ足をお運びください。

 天満教会は以前ソロリサイタルをさせていただいてから何かとお世話になっています。今回も会場を提供いただき感謝です。

20160726天満教会チラシ

【演奏会の概要】
7/23(土)
会場:天満教会  〒530-0045 大阪市北区天神西町4-15
時間:15:00開演(14:30開場)
チケット:2,000円(前売り) 2,500円(当日)
出演:瀬川泰代、有馬圭亮
チケット購入、お問合わせ:
電話:070-6926-6706(ワンハンドピアノミュージック事務局)
メール:当HPのお問合わせよりお申し込みください。※件名に「7/13コンサート」とご入力ください

◆プログラム
瀬川:ピアノソナタ(C.ライネッケ)、12の練習曲 作品92より(M.モシュコフスキー)、讃歌(J.ハンゼルマン)、他
有馬:前奏曲とフーガ(M.ポンセ)、シャコンヌ(J.S.バッハ=J.ブラームス)日本の歌(有馬圭亮編)、他

瀬川泰代プロフィール Facebookページ
 広島県出身。大学1年10月、局所性ジストニアと診断を受ける。リハビリを行う間、恩師の勧めにより左手のためのピアノ作品と出会う。エリザべト音楽大学を卒業後2012年よりオーストリア・グラーツ藝術大学大学院に在籍する。2010年、2012年は2度に渡り広島交響楽団とピアノ協奏曲を共演する。2015年 第7回フィラデルフィア国際コンクールピアノ部門Fカテゴリー1位(イタリア) 第5回マリア・ヘロー国際コンクールシニア部門3位(スペイン)第5回ヌオヴァコッパピアニスティ国際ピアノコンクール 特別賞(現代音楽の作品解釈について最優秀)受賞(イタリア)第9回カンピロス国際ピアノコンクール3位(スペイン)マルタデベリ国際奨学金コンクール1位(オーストリア)受賞。2016年第5回エヴメリア国際音楽祭(ギリシャ)に演奏者として招待され、ボロス・アテネにて演奏する。その他、ポーランド、イタリア、チェコ、スロヴァキア、スロヴェニアで演奏会に出演、海外の講習会に参加し著名なピアニストのレッスンを受講する。また一時帰国の際は日本で精力的に演奏活動を行う。近年ではピアノソロのみならず、絵本朗読、声楽、サックスなどと共演を行う。ラジオ(NHK広島放送局、RCCラジオ、広島FM、FMはつかいち)新聞(読売新聞、中国新聞、朝日新聞、広島経済新聞)広報誌(Cue、月刊Wendy広島、広島市医師会便り)テレビ(広島ホームテレビ、NHK、RCC)にて活動が取り上げられる。
これまでに平本恵子、濱本恵康、横山幸雄、智内威雄の各氏に師事。
現在、グラーツ藝術大学大学院にて池場文美 女氏に師事。