3/18、3/20 左手の室内楽 コンサートのご案内

【室内楽コンサートのご案内】
Three Hands Piano Concert
~2人3手のスペシャルコンサート~
 
 来月、大阪と東京で企画コンサートがあります。
 共演者はピアニストの阿部大樹さん。ゲストでヴァイオリニストの小川ソフィ絢子さんと森岡聡さんをお招きします。
 両手、左手のピアノソロの他、「3手連弾」、「ヴァイオリンと左手ピアノのための作品」、そして「ショパンのオリジナル練習曲」と「左手編曲版」の聴き比べなど、なかなか濃いプログラムになっております。左手演奏を含む室内楽は演奏機会が非常に少ないです。この機会に是非お越しいただき、その魅力を感じていただければ嬉しいです。会場で皆さまにお会いできるのを楽しみにしています。
 
◆3/18(金)大阪公演 サロン・ドゥ・アヴェンヌ
開場19:00 開演20:00
入場料:4000円(1ドリンク、1プレート付き)
ご予約・お問合わせ:06-6344-0939(サロン・ドゥ・アヴェンヌ)
 
◆3/20(日)東京公演 Hall 60(ホールソワサント)
開場14:00 開演14:30
入場料:一般/2500円 学生/2000円
ご予約、お問い合わせ: 090-2165-6121(阿部)
 
出演:阿部大樹(ピアノ) 有馬圭亮(ピアノ) ゲスト:小川ソフィ絢子(大阪/ヴァイオリン)、森岡聡(東京/ヴァイオリン)
 
プログラム(大阪、東京共通):
橋爪皓佐/ Tryptique français(3手連弾)
F.ショパン/ 「革命のエチュード」&ゴドフスキ編による「左手のための革命のエチュード」
近藤浩平/ ヴァイオリンと左手ピアノのための3つの小品 作品139より 第3番
M.ラヴェル/ ヴァイオリンとピアノのためのソナタ ト長調、他
 
12630890_907845232664619_7967349_o
 ※片手関連のプログラムに関する小話。
 片手で弾けるピアノ教室「ワンハンド・ピアノレッスン」ではピアノ導入指導の中で、生徒と先生の3手連弾を取り入れています。片手で旋律を演奏しながら和声の感覚を養うためです。今回演奏する橋爪晧佐さんの『Tryptique français』はさらに段階が進んだピアノ学習者が弾くレベルになっていて、教育的配慮が多分になされていながら、コンサートピースとしても非常に魅力的な作品になっております。2014年に初演を行い、今回は再演になります。
 左手の室内楽として代表的なレパートリーは、ヴィトゲンシュタインのために書かれたシュミットやコルンゴルトなどの作品などがあり、最近は左手のピアニスト舘野泉氏のために作曲された作品が幾つか出版もされています。今回は兵庫県宝塚市在住の近藤浩平さんの作品を紹介させていただきます。