左手のピアノって何?

 ホームページにお越しいただきありがとうございます

 ピアノは一人でオーケストラといわれるように、広い音域を使ったダイナミックな演奏が得意です。比べて左手のピアノ演奏は同時に鳴らせる音が少ないという制約の美しさがあって、その音楽は俳句や短歌のような世界が広がります。作品は3000曲以上にもなり、一生かかっても取り組めるかどうかという充実した分野です。

 左手のピアノ演奏は歴史とも大きな関係があります。20世紀の大戦期には怪我をしたピアニストのために多くの左手の曲が書かれました。第1次大戦で従軍したパウル・ヴィトゲンシュタイン、オタカール・ホルマンなど、左手のピアニストは音楽史にも名を残し、楽曲は今も受け継がれています。私自身、左手の音楽を注目するようになったのは右手のジストニアを発症してからでしたが、今では作品の芸術としての価値と、歴史的な意味を感じるようになりました。

 純粋な音楽としての美しさを聴いてほしい。そして私がそうであったように、左手のピアノ演奏が希望になる人には、是非ともそれを届けたい。その思いで活動をしております。

 演奏のご依頼はお問合わせからお願いします。これまで音楽ホール、サロン、学校、企業や自治体のイベント、ホームコンサートなどで演奏させていただいてます。
 片手で弾けるピアノ教室を開講しております。興味のある方は是非、一緒に弾きませんか。お気軽にお問合わせください。

フェイスブックでも情報を更新しています。よければ右サイドバーから「いいね!」をクリックしてください。