左手のピアノって何?

注目

 ホームページにお越しいただきありがとうございます

 ピアノは一人でオーケストラといわれるように、広い音域を使ったダイナミックな演奏が得意です。比べて左手のピアノ演奏は同時に鳴らせる音が少ないという制約の美しさがあって、その音楽は俳句や短歌のような世界が広がります。作品は3000曲以上にもなり、一生かかっても取り組めるかどうかという充実した分野です。

 左手のピアノ演奏は歴史とも大きな関係があります。20世紀の大戦期には怪我をしたピアニストのために多くの左手の曲が書かれました。第1次大戦で従軍したパウル・ヴィトゲンシュタイン、オタカール・ホルマンなど、左手のピアニストは音楽史にも名を残し、楽曲は今も受け継がれています。私自身、左手の音楽を注目するようになったのは右手のジストニアを発症してからでしたが、今では作品の芸術としての価値と、歴史的な意味を感じるようになりました。

 純粋な音楽としての美しさを聴いてほしい。そして私がそうであったように、左手のピアノ演奏が希望になる人には、是非ともそれを届けたい。その思いで活動をしております。

 演奏のご依頼はお問合わせからお願いします。これまで音楽ホール、サロン、学校、企業や自治体のイベント、ホームコンサートなどで演奏させていただいてます。
 片手で弾けるピアノ教室を開講しております。興味のある方は是非、一緒に弾きませんか。お気軽にお問合わせください。

フェイスブックでも情報を更新しています。よければ右サイドバーから「いいね!」をクリックしてください。

長島義明の芦屋川〜写真展とピアノコンサート〜

10月31日(土)芦屋市Salon Classicにて写真家、長島義明さんとのコラボ企画です。

長島さん撮影の“芦屋川”をテーマした写真に、有馬が作曲した音曲「芦屋川」を聴きながら。芦屋にながれる川、野鳥と人の交わりを見る。日常環境からファンタジーを創出し、日常の美しさを思い起こしていただく。そんな会になればと思っております。
新型コロナ対策のため、当日の入場は20名限定になります。来場をご希望の方はartinsound.kc@gmail.comまでメールください。ツイキャスでライブ配信を行います、来場できなかった方、遠方にお住まいの方も是非ご覧ください。

◆日時:10月31日(土)
13:00〜開場
長島さん撮影の写真が展示されますので、ゆっくりとお楽しみください。

14:00〜
写真家長島義明の講演&左手のピアノコンサート

◆コンサートの演目:組曲「芦屋川」(初演)、他

◆会場:Salon Classic芦屋(兵庫県芦屋市東芦屋町3-9)

◆入場料:4,000円 (ライブ配信閲覧は1,000円)

◆来場申し込み、ご予約:artinsound.kc@gmail.com までメールをください。

◆ライブ配信お申し込み:ツイキャス配信サイトからお申し込み。

◆主催:有馬音楽研究所 

◆協力:NPO KOBE CHATS、セレーノミュージックオフィス


月間ショパン 「アゲろ、左手力」

9月号の月間ショパンに「アゲろ、左手力」という左手のピアノに関する特集が組まれています。

私は片手の音楽の普及活動を始めるに至った経緯と、今現在の活動と思いを書かせていただきました。
 

師匠の智内さんや、昨年の左手のピアノ国際コンクールで1位受章をされた高岡準さん、左手のピアニストの舘野泉さんほか、諸先生方が書かれた記事も掲載されています。

 
是非お読みいただけたら嬉しいです。

 

BS1スペシャル「私は左手のピアニスト~希望の響き 世界初のコンクール~」

昨年11月に行った「第1回ウィトゲンシュタイン記念 左手のピアノ国際コンクール」が1/6(日)22:00~23:50 NHK BSスペシャルで放送されます。

一緒に運営を行った箕面市の諸団体をはじめ、ほか多くの団体、個人の方にサポートしていただきながら作り上げたイベントです。
私個人としても左手のピアニストとして活動した20代の集大成を表現できた催しになったと思います。

この日審査員席でたくさんの名演を聴き、目頭が熱くなりました。左手の音楽の広がり、そして未来を感じていただけると思います。

ぜひご覧ください。

1月6日(日) 午後10時00分
BS1スペシャル「私は左手のピアニスト~希望の響き 世界初のコンクール~」

演奏会中止・延期のお知らせ

台風24号の接近に伴い、甚だ残念ではありますが、9月30日(日)の演奏会「パウル・ウィトゲンシュタインの軌跡 第2回 ~左手ピアノの室内楽~中止の判断をいたしました。
天候の都合とはいえ、楽しみにしていたお客さまにはご迷惑をお掛けいたしますこと、お詫び申し上げます。 既にチケットを購入、また予約をいただいている方には個別に連絡をさせていただきます。

出演メンバーと話合い、同プログラムの演奏会を別日に行うことを調整中です。そちらが決まり次第また告知をさせていただきます。

皆様くれぐれもお気をつけて、お過ごしください。

左手の室内楽 パウル・ウィトゲンシュタインの軌跡



大阪府箕面市で左手のピアノ音楽の金字塔的作品を演奏します。
第一次世界大戦で右手を失ったピアニスト、パウル・ウィトゲンシュタインの委嘱で生まれた室内楽作品です。

8/5(日) E.W.コルンゴルト / 2つのヴァイオリン、チェロ、左手ピアノのための組曲 作品23

9/30(日)F.シュミット / ピアノ五重奏曲(左手のピアノのための)ト長調

2018年は世界初となる「左手のピアノ国際コンクール」開催に向けて、これまでよりもよりダイナミックな動きをしている年になっています。このコンクールは、パウル・ウィトゲンジュタインの功績を称え「ウィトゲンシュタイン記念」と冠がつくことになっています。

左手のピアノ音楽の一時代を作った人物、彼の活動により多くの左手のための名曲が生まれました。私が演奏活動を続けることができるのもこうした過去の偉大な動きがあったからと感じます。
そういった歴史的な流れの中で自身の活動、音楽があることを再確認したかったのかもしれません、国際コンクールのプレイベントとしてこの演奏会を企画しました。

企画に賛同し協力をしてくれた若い弦楽器演奏家とともに、この名作たちをお届けします。

ぜひ多くの方に聴いていただきたいです。

※このコンサートの収益の一部は2018年11月2日~4日に大阪府箕面市で行われる「ウィトゲンシュタイン記念 左手のピアノ国際コンクール」に寄付されます。

——————

第1回 8月5日(日)
前半:左手のピアノソロによる演奏
後半:E.W.コルンゴルト / 2つのヴァイオリン、チェロ、左手ピアノのための組曲 作品23

第2回 9月30日(日)
前半:左手のピアノソロによる演奏
後半:F.シュミット / ピアノ五重奏曲(左手のピアノのための)ト長調

14:00開演(13:30開場)

会場/ 西南生涯学習センター(箕面市瀬川3-2-5)
阪急箕面線「桜井」駅から徒歩10分

チケット:(各公演)
一般2500円( 当日3000円)
学生1500円

チケット購入・お問い合わせ
Tel:090-6047-3005(有馬)
Mail :contact@keisukearima.com

主催:チャリティコンサート実行委員会
後援:一般社団法人ワンハンドピアノミュージック

出演者:
有馬圭亮(左手のピアノ)
横山亜美(ヴァイオリン)
中嶋弥生(ヴァイオリン)
佐本博子(ヴィオラ 9/30のみ出演)
渡邉弾楽(チェロ)